中国語研究所(1日5分中国語)

語学がむずかしいのは、学問にしてしまったから

中国語まとめサイト

※文中の赤字は、その回に紹介している他の漢字にはその意味がないことを表しています。

数について 量詞(名量詞②)

前回の続きになります。

個体量词は、ほぼ特定の名詞と連携します。 (数 + 量詞 + 名詞)ということでした。

粒(lì):小さい粒状の物

种子、砂子、米、花生など 例:每服五粒、一粒米。

滴(dī):滴り落ちるしずく

眼泪、水、汗、酒、油など 例:一滴一滴往下滴着水。

本(běn):書物・雑誌・冊子・帳簿などの数。脚本・映画フィルムの巻数。

书、词典、杂志、地图など 例:三本杂志  例2:这部电影一共有十二本。

棵(kē):植物。

树、草、花、白菜など 例:一棵白菜、几棵牡丹花。

座(zuò):山・林・湖・海などの自然,倉庫・家屋・工場・宮殿・ビル・橋・水門などの建造物,ストーブ・高炉・時計・彫像・大砲など台座のついた物の数。

山、桥、楼房、塑像、水库など 例:一座山、两座宫殿、 一座半身石像、 两座楼房

支(zhī):まっすぐ細長いもの(非生物)

钢笔、笛子、蜡烛、香、抢など 例:一支钢笔、 两支枪

支は、前述の用法以外に下記のような用法もあります。

  1. 山脈・水流・軍隊などの枝分かれしたものの数 例:一支水流
  2. (歌・曲の数 例:唱一支歌
  3. 光度の単位 例:四十支光的灯泡
  4. 糸の太さを示す 例:一百支纱

个は、一番使用範囲が広い量詞ですが、なんでもかんでも个を使うのは、中国語の習慣には会いません。日本語でもなんでもかんでも一つというとなんか変ですよね。

次回は、集合量詞です。それでは