中国語研究所(1日5分中国語)

語学がむずかしいのは、学問にしてしまったから

中国語まとめサイト

※文中の赤字は、その回に紹介している他の漢字にはその意味がないことを表しています。

第四课 結果補語

こんにちは、ゆうがです。何気に名前をいうのは初めてです。これからもよろしくお願いします。

語学学習は、スポーツと同じです。そのためには、反復練習して喋る筋肉をつけることイメージトレーニングが大事です。なので単語もは、イメージで捉え、反復してイメージを身につけましょう。。特に名詞は、映像で捉えるほうがいいです。学習というと嫌になりますが、スポーツと捉えましょう。e-sport(educationーsport)身に着ければ一生モノです。

今日は、結果補語です。

結果補語というと難しく思いますが、要は、動作の変化を表す言葉です。皆さんもお腹いっぱいとか覚えたとかいいますよね。そんな時中国語では、吃饱了とか记住了なんて言います。饱や住が結果補語です。

結果補語は、動詞または形容詞 + 結果補語の形が一般的で動詞と補語の間に言葉ははさめません。

时态助词(着・了・过)も補語の後ろにしかつけられません。

結果補語の用法

法則1:動詞と補語の間に言葉は、はさめない。

例文:打通电话了(打电话通了とはいえません)

法則2:結果補語のある文は、普通動作の完了または実現を表し、補語のあとに了がくる。内容により过をつける事もできますが、着はつけられません。

法則3: 結果補語は、現在より前の時間における動作の実現・完成を表すため、否定形は、没を使います。例外として状況の仮説をいう場合は、不を使います。

例文1:吃饱了の否定形は没吃饱。学会了の否定形は没学会になります。

例文2:今天我非要学会它不可,不学会这一招,我就不走了。

マスターできなければ、行かない。これが状況の仮説です。

法則4:結果補語の選択は、動詞の意味上の組み合わせがある。

その1:付け加える、手に入れるという意味のもの 看到 买着 穿上など

その2:離れるという意味のもの 扔掉 放下など

その3:固定して変わらないという意味のもの 记住 抓住など

今日の単語は理解できましたか?脳は、入ってきた情報を必要か必要じゃないかを判別して捨ててしますので人はなかなか覚えられないんです。脳に必要だと思わせるためにも繰り返しが必要です。

まとめ

結果補語は、過去の話なんで了・过は使えても着は使えない。同じ理屈で否定は没を使う。仮定の話は、過去のことではないので不になります。組み合わせには相性があるので組み合わせには注意が必要ということです。

今日のお話はお役に立てましたか? それでは、また✋!。