中国語研究所(1日5分中国語)

語学がむずかしいのは、学問にしてしまったから

中国語まとめサイト

※文中の赤字は、その回に紹介している他の漢字にはその意味がないことを表しています。

もうこれで忘れない四字熟語その9 杯水车薪(bēi shuǐ chē xīn)

こんにちは、ゆうがです。今日の四字熟語は、杯水车薪です。

杯水车薪は、日本語の焼け石に水にあたります。

杯水车薪(bēi shuǐ chē xīn)

これは、『孟子』のお話です。

むかしむかしの事じゃった。ある木こりが、柴を刈っておったそうな。その日は、夏の暑い盛りで帰り道、喉が渇いて茶屋により茶を一杯飲んでいたんじゃ。すると茶屋の外から「大変だ!柴に火が付いた」と声が聞こえたそうな。木こりは慌てて店の前に出ていくと自分の取ってきた柴に火がついているではないか!。木こりは慌てて手に持っているお茶を柴にかけたが、消えないので、店に戻りもう一杯お茶を荷車にかけたのじゃ。当然消えるわけもなく柴は灰になってしまったということじゃ。

いくら慌てていたからってお茶じゃ消えないのはわかりそうなもんじゃが。真笨!

これは、需要が多いのに、与えるものが少なく、なんの訳にも立たないことを例えています。

例文:这笔贷款,不过是杯水车薪,不能解决根本问题。(こればかりの貸付金では焼け石に水にすぎず、問題を根本から解決できない。)

杯水车薪、无济于事。(焼け石に水、何の訳にも立たない)と加えて使うこともよくあります。

今日の四字熟語はためになりましたか。それでは、次回の四字熟語で