中国語研究所(1日5分中国語)

語学がむずかしいのは、学問にしてしまったから

中国語まとめサイト

※文中の赤字は、その回に紹介している他の漢字にはその意味がないことを表しています。

もうこれで忘れない四字熟語その14 杯弓蛇影(bēi gōng shé yǐng)

こんにちは、ゆうがです。今日の四字熟語は、杯弓蛇影です。

杯弓蛇影(bēi gōng shé yǐng)

これは、後漢代の『風俗通義』のお話です。

むかしむかしの事じゃった。楽広という人がいたそうな。彼には、一人の友人がいて、よく彼の家に酒を飲みに来ていたそうな。その友人が突然来なくなったので、心配した楽広は、友人の家に訪ねていくと、その友人は、床に横たわり顔色も悪かったのだそうじゃ。どうしたのかと聞くと、実はと友人が話始めた。「この前君の家でお酒を飲んだ時、盃の中に蛇が居たんだ。かまわず飲んだのだけど、腹の中で蛇が動き回っているような気がして、飯を食べても吐いてしますし、めまいがして体がだるいんだ。」その話を聞いた楽広は、家に帰っていろいろと考えをめぐらしているとその時、楽広の目は、盃の中に蛇がいるいるをとらえた。その蛇をよく見るとそれは、壁に掛けてある弓だったのじゃ。楽広は、その話を友人にすると、友人は体調を取り戻したということじゃ。

ふつう生きた蛇が盃の中に居たら飲まんじゃろ。真笨!

これは、びくびくと神経質になり、疑心暗鬼になることをたとえています。

例文:你想得太多了。简直是杯弓蛇影,自相惊扰。(あなたは、考えすぎだ。ただ影におびえ、自分一人で驚いて騒いでいる。)

杯弓蛇影の類義語は、疑神疑鬼(yí shén yí guǐ)、风声鹤唳(fēng shēng hè lì)や草木皆兵(cǎo mù jiē bīng)になります。

この四字熟語は、日本の疑心暗鬼にあたります。疑心暗鬼になるとまわりが見えなくなります。皆さまもお気を付けください。

今日の四字熟語はためになりましたか。それでは、次回の四字熟語で