中国語研究所(1日5分中国語)

語学がむずかしいのは、学問にしてしまったから

中国語まとめサイト

※文中の赤字は、その回に紹介している他の漢字にはその意味がないことを表しています。

もうこれで忘れない四字熟語その24  三顾茅庐(sān gù máo lú)

こんにちは、ゆうがです。今日の四字熟語は、三顾茅庐です。

三顾茅庐(sān gù máo lú)

これは、劉備諸葛孔明を軍師として迎え入れに行った時の有名な話ですね。

むかしむかしの事じゃった。曹操の勢力が大きくなり、劉備は危機に陥っておったんじゃ。そんな時、あるものが、軍師として諸葛孔明を招き入れてはどうかと進言したんじゃ。その意見を聞き入れ劉備は、関羽張飛を従え諸葛孔明のもとに向かった。その日は、留守で会うことはできなかった。数日後、また訪問してみるとまたも留守なんじゃ。そのうえ、その日はあいにくの大雪。でも、劉備は、諦めずその後三度目の訪問をしたのじゃ。すると今度は留守ではなかったが、昼寝をしていた。そこで、劉備は彼を起こさず孔明が起きるのを待った。孔明は、目覚めると家のものから、劉備が何時間も立って待っていると聞き、それに感激し、要請をいけ入れたそうじゃ。

これは、優れたものを招くためには、心を込め義を尽くさなければならないということを言っています。

例文:为了请张先生出山,总经理亲自出马,三顾茅庐。(張さんの出馬をお願いするために、社長自ら出向き、三顧の礼をつくした。)

よい人材がほしければ、礼を尽くさなければならないと言うことですね。今時代は使い捨てって考えている経営者も多いですから見習ってほしいものですね。

今日の四字熟語はためになりましたか。それでは、次回の四字熟語で