中国語研究所(1日5分中国語)

語学がむずかしいのは、学問にしてしまったから

中国語まとめサイト

※文中の赤字は、その回に紹介している他の漢字にはその意味がないことを表しています。

第二十九课 打算・计划・考虑の違いを深掘り

語学学習は、スポーツと同じです。そのためには、反復練習して喋る筋肉をつけることとイメージトレーニングが必要です。だから、単語は、イメージで捉え、反復してイメージを身につけることが大事です。特に名詞は、映像で捉えるほうが覚えやすいですし、会話のとき頭にすぐ浮かんでくるようになります。学習というと嫌になりますが、スポーツと捉えましょう。e-sport(educationーsport)身に着ければ一生モノです。

こんにちは、ゆうがです。今日の深掘りワードは、  打算(dǎ・suan)计划(jìhuà)考虑(kǎolǜ)です。

计划・考虑ともに日本語の計画と考慮にあたります。日本語では、名詞の用法だけですが、動詞の用法もあります。意味は、計画する、考慮するです。

打算の名詞の意味は、”つもり・予定・考え”になります。日本人の思う打算と同じですね。動詞の用法は日本語にはありませんが、意味は、”考える、もくろむ、~するつもりである、予定である。”になり、想定内って感じですね。

この3つの単語はあらかじめ考えるという点では共通しています。计划は、具体的な仕事や行動をあらかじめ計画するときに、考虑は、問題やことがらを細かく考え、利害を合わせて考えたあとに結論を下すときに使います。なので、打算・计划と考虑は相互互換できません。

例:我这样做,完全是为孩子们打算(私がこうするのも,全く子供たちのためを思ってのことです)

例:你打算怎么办?(どうするつもりだ?)

例:出版部门计划在今年出版一批长篇小说(出版部門では今年一連の長編小説を出版するよう計画している)

例:她的考虑是全面的(彼女の配慮は行き渡っている)

今日の単語は理解できましたか?脳は、入ってきた情報を必要か必要じゃないかを判別して要らないと判断すると捨ててしますので人はなかなか覚えられないんです。脳に必要だと思わせるためにも繰り返しが必要です。

まとめ

打算・计划・考虑の違い

打算:(人の利益・幸福を)考える,もくろむ (する)つもりである,予定である

计划:計画する,企てる

考虑:考慮する,考える

打算・计划と考虑は相互互換できません

今日のお話はお役に立てましたか? それでは、また✋!。

同意語、反意語を覚えて単語倍増計 その6  按时・肮脏

こんにちは、ゆうがです。今日は、同意語、反意語を覚えて単語倍増計の6回目です。

テストは語彙力が命です。でも、会話で有効かは別問題です。でも世の中テスト社会なので

単語 拼音 意味 例文 同意語 反意語
按时 ànshí (予定した)時間通りに 按时吃药(時間通りに薬を飲む) 准时,准点(准点は、交通機関の出発、到達の際に用いる) 误时,误点,晚点(误点,晚点は、交通機関の出発、到達の際に用いる)
肮脏 āng・zāng 1.汚い、汚らわしい 2.腹黒い 这是一场肮脏的政治交易(これは汚い政治的取引だ) 1.龌龊(wòchuò),污秽(wūhuì),污浊(wūzhuó)2.丑恶,卑鄙 1.干净,清洁,洁净,清爽 2.高尚,崇高,纯洁,洁白

今日の按时と肮脏は、覚えられましたか。按时は、予定していた(あるいは予定されていた)時間に対して時間通りにということです。肮脏は、干净の反意語ですが、腹黒いなどという時にも使えます。

それでは、次の回に

第十九课 活跃(huóyuè)は称賛の意味合いで使われる

語学学習は、スポーツと同じです。そのためには、反復練習して喋る筋肉をつけることとイメージトレーニングが大事です。なので単語は、イメージで捉え、反復してイメージを身につけましょう。特に名詞は、映像で捉えるのが効果的です。学習というと嫌になりますが、スポーツと捉えましょう。e-sport(educationーsport)身に着ければ一生モノです。

こんにちはゆうがです。今日の深掘りワードは、 活跃(huóyuè)です。

活跃は、一般的に称賛の意味で使われます。

活跃は、動詞・形容詞の用法があります。

形容詞の用法

意味1: (人間・生命・組織・戦線・行動・顔つき・精神・思想・市場・交易・生活・雰囲気などが)活動的である,活発である,目覚ましい,活気がある。

例文1 :她参加课外活动很活跃。(彼女はクラブ活動で活躍している)

例文2 :活跃的气氛。(活気のある雰囲気)※名詞を修飾

動詞の用法

意味1:活動する,活躍する。

例文:他一直活跃在生产第一线。(彼はずっと生産の第一線で活躍している)

意味2:活発にさせる,活気づかせる。

例文2:这些政策活跃了农村经济。(これらの政策により農村経済が活気づいた。)

今日の単語は理解できましたか?脳は、入ってきた情報を必要か必要じゃないかを判別していらないものを捨ててしまいますので人はなかなか覚えられないんです。脳に必要だと思わせるためにも繰り返しが必要です。

まとめ

  • 形容詞意味: (人間・生命・組織・戦線・行動・顔つき・精神・思想・市場・交易・生活・雰囲気などが)活動的である,活発である,目覚ましい,活気がある。
  • 動詞意味1: 活動する,活躍する。
  • 動詞意味2: 活発にさせる,活気づかせる。

今日のお話はお役に立てましたか? それでは、また✋!。

中国コラム 早恋

こんにちは、ゆうがです。「她的微笑像颗糖」というドラマを観ているとき、早恋という言葉が出てきました。

早恋(zǎoliàn)

意味:(恋愛する一般的年齢よりも)早く恋愛する。反意語(晚恋)

ドラマの中で主人公と友人(男女二人づつ)が、教室で勉強をしているとクラスメートがやってきて、先生が呼んでいるから行ってというのです。なんでと聞くと早恋だといいます。日本人の感覚では???がつきますよね。でも、中国では、大きな問題になっていて省の会議の議題になる事もあるようです。世間の反応としては、日本と同じように賛否ありますが、駆け落ちをしてしまったり、麻薬に走ってしまったりと問題としては、結構大きいようです。

地域により措置は様々ですが、南京の高級中学では、女生徒を集めて男子生徒とは44㎝の標準距離を保つよう指導したり、ほかの省では、男女を分けて別々のクラスにするなどいろいろと措置を取っているそうです。

教師や親は、勉強の妨げになることを日本同様恐れていている一方、思春期にこのような事が起こるのは当たり前のことと考えてもいるようです。行き過ぎた指導をして訴えられる教師がいるなど、日本も中国も先生は大変です。

現在の中国は、急速な経済の発展により、文化の変化も急速にすすんでいます。西洋文化流入により、価値観も大きく変化し、抱えている問題は、日本と変わらなくなってきています。習近平さんの悪口を書いたら捕まって思想教育を受け別人のようになった女性の話がネットにのっていましたが、これだけスマホが普及しているなか、人民をコントロールしていくのは難しいんでしょうね。それでは

第三十三课 一 ・・・也不/没

語学学習は、スポーツと同じです。そのためには、反復練習して喋る筋肉をつけることとイメージトレーニングが大事です。なので単語は、イメージで捉え、反復してイメージを身につけましょう。特に名詞は、映像で捉えるほうが効果的です。学習というと嫌になりますが、スポーツと捉え反復しましょう。e-sport(educationーsport)身に着ければ一生モノです。

こんにちは、ゆうがです。今日は、 一 ・・・也不/没の勉強です。

一 ・・・也不/没

一の後には量詞が続きその後には名詞が続くこともあります。

意味:通常の否定をさらに強調する意味合いがあります。完全に否定する感じです。

たとえば、我不会说汉语(僕は、中国語が話せません)という文章を。

例 :我一句汉语也不会说。(わたしは、一言も中国語が話せない。)

となります。

例2:北京我一次也没去过。(わたしは、一度も北京に行ったことがない。)

没は、過去の否定に用い、それ以外は不になります。

今日の単語は理解できましたか?脳は、入ってきた情報を必要か不必要かの判断をしいらないものを削除してしまうように出来ています。繰り返し学習が必要なのもそれが原因です。なので、脳に必要だと思わせるためにも繰り返し勉強しましょう。

まとめ

意味1:通常の否定をさらに強調する意味合いがあります。完全に否定する感じです。

没は、過去の否定に用い、それ以外は不になります。。

今日の勉強はためになりましたか?。また次の会で また✋

第二十八课 打扰と妨碍と影响の違いを深掘り

語学学習は、スポーツと同じです。そのためには、反復練習して喋る筋肉をつけることとイメージトレーニングが大事です。なので単語は、イメージで捉え、反復してイメージを身につけることが大事です。特に名詞は、映像で捉えるほうが覚えやすいです。学習というと嫌になりますが、スポーツと捉えましょう。e-sport(educationーsport)身に着ければ一生モノです。

こんにちは、ゆうがです。今日の深掘りワードは、 打扰(dǎrǎo)妨碍(fáng’ài) 

影响(yǐngxiǎng)です。

それでは、 打扰 からです。

 打扰

意味1: (多く現在行なわれている仕事・物事などを)じゃまする,迷惑をかける。

例文:别打扰她看书。(彼女が本を読むのをじゃまするな。)

意味2: おじゃまする。

例文:今天太打扰您了!。(今日はたいへんおじゃましました!。)

打扰は打搅と言い換え可能です。

次は、妨碍です。

妨碍

意味:(視線・交通などや仕事・学習・進歩・活動など順調に行なわれることを)妨げる,じゃまする,差し支えがある。

例文:我们不能做妨碍团结的事。(私たちは、団結を妨げる事をすることはできない)

妨碍は、物事を順調に活かせないようにさせる。という意味です。

次は、影响です。

影响

意味: (人の考え・行動に)影響する,影響を及ぼす。

例文:吸烟影响健康。(喫煙は健康に影響がある。)

影响は、他人の思想や行動に積極的あるいは消極的作用を起こさせるという意味です。

影响は、”積極的あるいは消極的な作用を起こす。”というイメージで使われ、打扰は、かき回されて邪魔をされるイメージです。妨碍は、順調に物事がすすまないように邪魔をするとイメージすると覚えやすいです。

影响は、消極的な作用を引き起こす場合のみ、妨碍と相互互換可能です。

今日の単語は理解できましたか?脳は、入ってきた情報を必要か必要じゃないかを判別して要らないと判断すると捨ててしますので人はなかなか覚えられないんです。脳に必要だと思わせるためにも繰り返しが必要です。

まとめ

打扰と妨碍と影响の違い

打扰:(多く現在行なわれている仕事・物事などを)じゃまする,迷惑をかける。

妨碍:(視線・交通などや仕事・学習・進歩・活動など順調に行なわれることを)妨げる,じゃまする,差し支えがある。

影响:(人の考え・行動に)影響する,影響を及ぼす

打扰と妨碍と影响の違いは、影响は、”積極的あるいは消極的な作用を起こす。”というイメージで使われ、打扰は、かき回されて邪魔をされるイメージです。妨碍は、順調に物事がすすまないように邪魔をするとイメージすると覚えやすい。

今日のお話はお役に立てましたか? それでは、また✋!。