中国語研究所(1日5分中国語)

語学がむずかしいのは、学問にしてしまったから

中国語まとめサイト

※文中の赤字は、その回に紹介している他の漢字にはその意味がないことを表しています。

数について その3

 

 

今日は、概数です。概数とは、およその数のことをいいます。

日本でも二三個ほしいなんて言いますよね。中国でも同じです。两三个といいます。

数字の前に”来””多””把””左右””前后””上下””以上””以下”などが数や量の後ろにつくと概数になります。日本語でもおなじみの表現もありますね。三个来小时(三時間ぐらい)、三来个小时はダメです。

次は、多です。前の数字より多いことを意味します。例:二十来年,二十多年

その次は、把です。百・千・万の後につくか量詞につきます。例:百把人=一百来人,个把人=一个来月

前後、左右、上下はイメージがつきやすいと思います。例:六点半前后,一个月左右,八十岁上下

几は、不確定な数字を表します。それも10以内の数になります。例:院子里有几个孩子。

两は、もともと2の意味ですが、これも不確定な数を表し、少ない数であることを表します。例:这两天,小王有点儿不舒服。

基本日本語と同じものも多いので覚えやすいのではないのでしょうか。中国人はよく使いますので、理解しておきましょう。では